FC2ブログ









上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








宝山寺参道「菊花展」のお知らせ。

さしえ-2

■ 10/26(土)〜11/10(日)(延長があるかもしれません)
■ 宝山寺洗心閣広場入り口参道


IMG_2066.jpg
生駒は菊の産地でもあります。


IMG_2059.jpg
約30鉢の菊がならびます。
菊は手間ひまかけてやっと美しい姿が出来ます。育てるのとっても難しいんですよ。


IMG_2061.jpg
ぼんぼりのような大ききなお花、水引のように可憐な花びら、小さな小花が群生したしだれ姿…
参道の秋の風物詩となりますように…。


IMG_2091.jpg


- 補足 -
ad.jpg
スタッフが素敵な看板を作ってくれました。
テントも竹で飾り付けされてドレスアップ。

竹のあかりも付け加えて…。
IMG_2106.jpg


生駒山の秋はとても短いです。楽しめるのもあとわずか。
晩秋の風物詩、皆様のお越しをお待ちしております。



スポンサーサイト









宝山寺駅前の花壇、少しずつ進んでいます。本当に少しずつですが(笑)

球根を植えました。植えっぱなしでローメンテナンスです。
IMG_2026.jpg

植えた品種をご紹介。
yabu1.jpg
ヤブランは小さな花が咲きます。斑入りの葉で群生して咲くととても綺麗です。


173136723.jpg
原種系のチューリップ。
よく見かけるチューリップとは違って草丈が低く小さなかわいらしい花です。

d006b3b0.jpg
プスキニアは小さなブルーの瑞々しい花。


イキシリリオン。
133811910213613124743.jpg
百合に似たお花です。


百合、ロリポップ。
8886836626_b74ac752d5_o.jpg
赤と白のコントラストが綺麗な花です。

春には順々と花が咲いてくれると思います。

植物は数年かけてお世話しないとカタチにはなってくれません。
日頃の水やり、草抜き…やはりローメンテナンスでないと続きません。


そのうちのひとつ。貯水タンク。
上のお家の樋を延ばして設置しました。あふれたら溝に落ちる仕組みです。便利。
IMG_2027.jpg
今はバケツ丸出しですが、そのうち花壇に似合う様にカバーなどつけてみようかな?と話中です。

少しずつ、少しずつ。

作業中、通りかかる町の人も
「綺麗になってきたね、楽しみよ」と言ってくれます。

春が待ち遠しいです。













今日は宝山寺ケーブル駅から続く花壇の準備です。

20mはあるでしょうか?
以前はびっしりとドクダミの花がありました。

何週間もかけてドクダミや雑草を抜きました。
ドクダミも白い花が群生していて綺麗なんですけどね…。

バーク堆肥をすきこんでいきます。
1-2.jpg
もともとそんなに悪い土ではなさそうとのこと。

お寺のふもとの花壇だから清楚で控えめな花をセレクトしました。
もちろんローメンテナンス。これが一番大切なこと。
生き物とのお付き合いは毎日ですからね。

メンバーのひとりに植物にとっても詳しい方がいるんです。
ご自宅のお花を株分けしてくれました。
5.jpg

大きく育った株を引っこ抜いて、株分けする。

3.jpg

1.jpg
オキザリス。紫色の綺麗な葉っぱ。小さな花もかわいらしいし、葉っぱも楽しめます。


4.jpg
秋明菊とシオン。
もう花が終わってしまってますが、来年また花を咲かしてくれます。
冬を越して株が大きくなってくれることを祈ります。


6.jpg
今はひょろひょろでも…
来年、こんな花がたくさん見れたらいいな。

苗を持ち寄っての作業なのでいつになれば花壇がお花でいっぱいになるのやら…。

それも楽しみの1つです。











9/22 9/23日に行われたお彼岸万燈会のダイジェスト。
いろんな方が写真を提供してくれました。

IMG_1874.jpg



まずは準備の様子。
音響のリハーサル。笛の音が鳥居の階段にこだまします。
これだけでもステージ気分。
IMG_1816.jpg



陽気なお寺の方。あちこちずーっと写真を撮ってくれていました。
お互いを撮り合っちゃいました。
image[2]

大鳥居前に出展して頂いた皆さん。
「ピースお願いしまーす」
「はーい」
image[3]


和やかに雑談中をパチリ。
ずーっとお寺にお店を出されていますから。慣れたもんです。さすがの余裕。
image[4]


こちらは聖天市の広場。
ペイントアート。
IMG_1808.jpg

カラフルな絵の具から次々と不思議で楽しいカタチが生まれてきます。
子供達にも大人気でした。

夜の風景。あかりが灯るとこんなに綺麗。一緒に写真をパチリ。
image[7]



聖天市に出展して頂いた皆さん。

お寺に着物がよく似合います!素敵なご夫人、夜まで明るく盛り上げて下さいました。
image[7]


長時間、お昼は暑いし、夜はたくさんの人で本当にお疲れさまでした。
ゆっくり休んでくださいね!ありがとうございました。
image[5]

オカリナの音色に皆さん興味津々。オカリナって小鳥のさえずりのような音まで出るんですよ、不思議。
image[10]

「お写真撮っていいですか?」
「綺麗に撮ってやー」
「はーい」

image[9]

元気なちびっこ&ママさん。
おそうめんの運び役はちびっこです。
image[1]
聖天市の入り口で大きな声で呼び込みもしてくれました。


火の奉納。本当に幻想的で美しかったです。
IMG_1857.jpg

素敵な時間をありがとうございました。
image[5]



日が落ちて明かりがつきはじめます。
和太鼓の音が体の奥にドンドンと響くのが感じられます。
image[11]
音の奉納のはじまりの合図。

写真は残念ながら撮れませんでしたが、三味線や異国の笛の音…次々と奏でられる音と音、本当に素敵でした。

最後にジャズピアノの登場。
ライトに照らされて鳥居のまわりはいつもと違う空気感につつまれます。
image[15]

たくさんの人がきてくださいました。
終わった後も「よかったよ。お疲れさま」とお声を掛けて頂いたり。
image[13]

お寺に携わるみなさん、町の人、ボランティアのみなさん、市に出展して頂いた方…そしてご来場下さった方々。
たくさんの人に支えられた万燈会。



ありがとうございまいました。




 | Home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。