上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








昨日はお彼岸万燈会、前夜祭。

たくさんのご来場ありがとうございました。
町の方、青年会のみなさん、ボランティアのみなさんに手伝って頂き夕方には灯篭に明かりがともりました。
宝山寺さんの「灯火」を頂きひとつひとつロウソクをつなげていきました。
image[13]

お寺の方も、町の方も、大きなカメラを持って写真を撮って下さっているので
綺麗な写真はまた紹介させて頂きますね。
今回はちょっと視点を変えて…。



聖天市に出展のみなさん。

「お顔を載せませんから、お写真良いですか〜?」
「全然かまへんよ!」
とノリノリでピース。
image[9]


こちらは大鳥居歓喜ステージ脇の音響ブース。
見たことのない機械!
立派なステージは裏方さんの努力の賜物です。飲まず食わずでお仕事して下さっていたようです。

image[12]
本当にお疲れ様です。
後1日、お疲れでしょうが頑張って下さい!



歓喜ステージのラスト、ジャズピアニストの河野さんが「イマジン」を演奏して下さいました。
幻想的な鳥居の後ろを振り返り見上げるとこんな風景が目に飛び込んできました。

image[1]

「平和を願う」詞が澄み切った空気と調和した瞬間でした。

炎と音の奉納祭。
写真では伝えられないものがたくさんがります。

自然と人、過去と未来がつながる祭典。
ご来場お待ちしております。


*聖天市、東北支援復興ブース「東北名物へしこ」
 おかげさまで大好評。
 聖天市は12時からとなっております。欲しい方はお早い目に!!!!
 すぐなくなっちゃいそうでスタッフヒヤヒヤです!!

スポンサーサイト








準備最終日。

聖天市の入り口には山で切ってきた竹をアーチに。
image[1]


しばし休憩…。
午前中や夕方は涼しい山も昼間は真夏のようです。暑い…。
image[2]


お寺から続く参道いっぱいに灯篭を並べました。
階段を上って下りて…一体何往復したか…手も足もがくがくです(笑)

ボランティアの皆さん、町の人も手伝って頂きなんとか無事に設置できました。
お手伝い頂いた方々、本当にありがとうございました。


image[3]

モノクロ写真で記事を載せたのは…
本当の灯篭の美しさを生で見てもらいたいから…。

1つ1つの灯篭を見れば、ほっこり和み、うんうんとうなずき、かわいいお絵描きに
目を奪われます。

たくさんの人達の思いが参道いっぱいに並びます。

明日はみんなの祈りがとどきますよう、晴れますように。










万燈会の準備も大詰めとなりました。

今日は聖天市の会場となる宝山寺「洗心閣」の広場の掃除&テント貼り。
image.jpg


こちらはお化け灯篭の骨組みです。
当日ライブペインティングに使います。

ご来場の皆さんもライブペインティングに参加できます。
小さなお子さんもぞうぞ。夏の終わりの良い記念になってくれたら…いいな。
image[2]



眺めもいいですよ。広場からは奈良が一望できます。
夜は町のあかりも、灯篭のあかりも欲張りに楽しめますよ。
image[1]


みなさんのご来場心よりお待ちしています!

明日はいよいよ灯篭の設置です。
ボランティアに参加頂ける方募集してます。

■ ボランティアに参加出来る方 ■
21日 9時 宝山寺「洗心閣」広場集合

この時間以外でも少しでもお手伝い頂けたらありがたいです。
お寺周辺にスタッフが行ったり来たりしておりますのでお声掛け下さい。

よろしくお願い致します








万燈会まで後4日となりました。
準備も急ピッチですすめています。

11.gif


さんどう会「東北復興支援」のブースの看板。
町のお習字の先生をされていた方にお願いして書いて頂きました。
さすがお上手。新聞紙もよく見える…。

20130919_3893.gif


聖天市では東北復興支援として大船渡のお魚の加工品を販売します。

image[2]

さんまやイカなどを天日干ししたもの、糠漬など数種類販売予定です。
お酒のアテに…これひとつでご飯もとってもすすみますよ。

大船渡とのご縁は、メンバーの一人がボランティアとして参加していたことから始まりました。
今回、大船渡 及川冷蔵さんにご協力頂きました。

☆及川冷蔵さんのホームページはこちら☆

及川冷蔵さんのホームページではお魚のおいしいレシピの紹介や
現在の大船渡の様子、復興にむけての日々を綴られています。

聖天市では試食コーナーも設置予定です。
数に限りがございますのでお早めにどうぞ。

*聖天市 9/22 9/23 12時からです。

みなさまのお越しをお待ちしております!








「さんどう会」のメンバーは十数名。
数百を越える灯篭を参道いっぱいに並べるにはあまりにも少ない人数…(汗)

そこで万燈会の準備をお手伝い頂ける方を募集しています。

一日お手伝いできなくてももちろん大丈夫です。

・スタッフが準備しているのを見かけたら少し手伝ってもらうだけで十分!
・万燈会が終わる頃、帰り道がてら灯篭をかためて寄せてもらうだけで感謝。
・何より万燈会を見に来て頂けるだけで大感激!

あいてる時間に出来る範囲で結構です。
ご協力頂けると嬉しいです。

■ 灯篭設置は9/21日 お昼以降の予定です。
■ 灯篭回収は9/23日 PM9:00以降の予定です。

当日は赤いTシャツを来た(たぶん)スタッフがおりますので
お声をかけて頂ければありがたいです。


「いえいえ、一日手伝えるわよ!」という方は
こちらまでご連絡頂けると本当にありがたいです。

■ 連絡先 ■
お彼岸万燈会 実行委員会担当 中川 0743-73-0805 
*9/20(金)まで


スタッフ一同心よりお待ちしてます。
どうぞ、よろしくお願い致します。








9/22 9/23の生駒聖天 お彼岸万燈会。

宝山寺本堂前、大鳥居階段下、洗心閣広場にて各催しがあります。

さしえ-3

■ 本堂 ■ 
  9/23 5時~6時 本堂前より奥の院参道まで 万燈会練行法要

 ・三曲奏奉納(琴・尺八)17時45分頃
 ・抹茶無料接待 16時~19時30分
 ・太鼓演奏奉納 (龍姫太鼓)18時45分すぎから

■大鳥居階段下 ■ 
  9/22(日) 18時~ 
  9/23(月) 19時30分~
  歓喜ステージ 大鳥居前階段にて
 
 ・鳴神(和太鼓)
 ・タンタナクイ(アンデス音楽)
 ・井上会 (日本民謡・三味線・尺八)
 ・河野康宏 (ジャズピアノ)

■洗心閣 広場 ■
 9/22 9/23 正午~21時まで
 ・青年会飲食店
 ・さんどう会 「東北支援物産店」
 ・フラワーアート、民芸品、装飾品展示、ワークショップ
 ・ファイヤーパフォーマンス
 ・灯篭ライブペインティング
 ・フリーペインティング(皆さんご参加頂けます)


*両日出展、一日出展の方がいらっしゃいます。


灯篭の点灯は18時からです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。








生駒聖天 お彼岸万燈会

さしえ-3




9月22日 23日
宝山寺境内、参道にて灯と音の奉納祭りがあります。

この二日間、生駒駅から宝山寺参道までたくさんの灯籠が並びます。

聖天さんに続く幻想的な灯火の石畳

今年は前夜祭に大鳥居で音楽ステージが催されたり
お寺の入り口「洗心閣」広場にて聖天市も復活。

市ではファイヤーパーフォーマンスやワークショップ、灯籠ライブペイント
震災復興支援のコーナーなど盛りだくさん。

皆様どうぞ、
燈が描く幻想的な世界へ足をお運び下さいませ。

さんどう会一同心よりお待ちしております!










はじめまして!

「生駒山と宝山寺参道を古き良き時代のように甦らせたい」

そんな気持ちで集まった人々で作った「さんどう会」といいます。

昔は宝山寺界隈は生駒駅からたくさんの旅館やお店が立ち並ぶにぎやかな町でした。
20130817_371143.jpg

宝山寺聖天さんは「商売の神様」
大阪、奈良、京都からたくさんの人が商売繁盛を願いこの参拝道を歩いていたのです。



日本初のケーブル。
このケーブルがなかった時代は皆、参道を歩いていたんですね…。
20130817_371144.jpg


今ではこの参道も高齢化が進み、空き家も増えて旅館の数もぐっと減ってしまいました。

「このままではいけない」
「町に活気を取り戻したい」
「もっと皆さんに生駒の山を知ってほしい」

そんな気持ちをそれぞれいつも持っていました。
でも、ひとりの力ってとても小さいんですね。

ひとりが二人になれば…そしてもっとたくさんの気持ちが集まれば…?

何か変わるかもしれない!

そうして2013年、春に「さんどう会」はスタートしました。

この町の人、お店をしてる人、遠くから来てくれる人…帰って来た人…
メンバーはさまざまです。

まだまだ少ない人数ですが

焦らず、急がず、気負わず、そして何より楽しんで…
この参道、生駒山が少しずつ変わっていったら。

そう願って活動しています。


このブログではさんどう会の活動やお山のイベント、
お山のお店など、紹介していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!



 | Home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。